遺伝子差別

『AERA』9月8日号を読んで、「おいおい・・・」
と思った。
 
 女子ソフトボール前日本監督の宇津木妙子氏が、
監督時代に作成していたメモが「金メダル」に
つながったという記事だ。

 こういう記事は、現監督に対する非礼という点でも
問題だが、次の記述にも驚いた。

 「そんな宇津木さんが性格分析で大事にしている
 ものがある。
  それが、血液型。
  B型は自分勝手だけど勝負強い。O型はおおらかだけど
 頑固者。A型は繊細で、物事が身につくまでに時間がかかる。
 AB型はつかみどころがない。宇津木ノートの恐るべきところは、
 本人だけでなく、親の血液型も書き込まれていることだ。血液型は
 指導方法にも影響する」(22頁)

 本気なんやろか?
 本気みたいやね。^^;

 もし私が女で、ソフトボールにおいてトップレベルの技量を
持っていたとしても、こんな指導者の下ではまっぴらごめんだ。

 そして、このような「血液型性格分析」や、
最近目に付く「○○のDNA」などの表現における
「遺伝子差別」を問題視しないマスコミ記者も、「すごい」ねぇ・・・

 こういう記者のDNAは・・・(後略)
[PR]
by kase551 | 2008-09-05 23:29 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/9640671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆら at 2008-09-06 23:03 x
職場のね、8月までいたチーム(11人全員女)がしょっちゅう血液型の話してて不思議だった(・_・)  血液型性格判断みたいな本をまわし読みしてたよ。もちろんワシはそんな中には入ってないけどさ。

むかーし、仲間で集まってる時に隣りにいた男がしきりに血液型の話してるんでうっとうしくて「そんなに血が好きなの?」ってちょいとイヤミジャブかましてみたら「女性はこういう話好きでしょ?」って返ってきたひにゃぁ、コイツ モテねぇなぁ と思った(・_・)
そだ、これもむかーーーし、バイトの面接に行った時に担当の人に血液型きかれて(それも男、しかも40代くらいの)、答えたら「×型の女性は強いんだよねー」だって。
こんな会社誰が来るか! と思った(・_・)
Commented by kase551 at 2008-09-06 23:47
 ほ~んまに、アホなヤツって多いんですねぇ・・・

 自分を省みることのない人間は、本人は幸せかも
しれませんが、ゆらさんや私のような^^;人間から見ると、
「あんたが哀れ!」「なさけない!」「それでも『大人』?」という
思いを抱かせますよねぇ。


<< 「血液型性格分析」 「雨やどり」 >>