政府がアホやから

 アフガニスタンで献身的な活動を続けている
「ペシャワール会」の青年が誘拐された。
 
  米国による、アフガニスタン侵略・イラク侵略を
 日本政府が支持・支援し続ける限り、このような
 被害はこれからも発生するだろう。
[PR]
by kase551 | 2008-08-26 23:08 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/9553689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 侵略と「テロ」 ストレート ウイズ チェイサー >>