「平和国家」というウソ

  1945年の敗戦から2008年の現在まで、
 日本が「平和国家」だったなどという 
 ウソを信じている人たちは、はたして
 どれくらいいるのだろうか。

  敗戦からわずか5年後。

  米国は、朝鮮戦争における機雷除去作業を
 日本に命じ、その作業の過程において、
 日本人の「戦死者」が・・・・

  そして、朝鮮戦争による「軍需」が
 日本経済の復興・発展の基礎を築いたことを
 否定する人はいない。
  

 詩人・金時鐘氏が、朝鮮戦争当時の「吹田事件」に深くかかわったのも、日本が米国の「軍需基地」だったからだ。
 

  ベトナム戦争においても、日本は米国の軍用地として機能し続ける。


  そしてイラク侵略戦争・・・

  沖縄から飛び立った戦闘機が、イラクの子供たちを虐殺し、
 米兵たちは、イラク女性・日本女性を性暴行する。
 
 
  米兵たちには、「学費が得られるから」などの理由で
 「兵役志願」をする(させられる)若者たちが少なくないという。
 米国社会における「貧困層」が、侵略の先兵にさせられるという現実。

  
  最近、「自衛隊員募集」のテレビCMを目にすることが多い。
  これが今は亡き^^;安倍アホボンが考えていた「再チャレンジ」なんやろね。  

  米軍と自衛隊の「一体化」。
  そして、自衛隊の海外業務の「恒久化」。


  ♪誰が「平和国家」の首相やねん ロックンロールショー♪
  (このフレーズを理解できる方は、おそらく拙ブログのお客様には
   いらっしゃらないでしょう・・・ 特に関西以外の方は^^;) 
[PR]
by kase551 | 2008-08-15 22:04 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/9457814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かわせ at 2008-08-16 01:18 x
>♪誰が「平和国家」の首相やねん ロックンロールショー♪

関西人なので、判ってしまいました(笑)。
そういえば、元首相の二人は靖国には元気に参拝していましたね。過去の英霊に謝るより、この数年間で「戦死(過労死や貧困死を含む)」した方に謝って欲しいものです。

余談ですが、「誰カバ」のメンバーの方が浜大津でライブハウスを経営していらっしゃいますよ。僕の名前に重なっているURLを参照してください。
Commented by kase551 at 2008-08-16 22:21
 年間3万人を越える自殺者たちのなかにも、「戦死者」が少なくないと
思われます。
 
 「誰カバ」情報、ありがとうございます。
 浜大津は遠いですが、いつかは行きたいですねぇ。

 機会があれば、かわせさんとも京都で一杯やりたいものです。^^


<< 戦争の経済学 UTUKUSIKI MATI >>