給食という「パン食餌付け」

   1962年に生まれた私は、小学・中学生時代、
 月~金の昼食は、すべて給食だった。
  パンと牛乳の日々。
   
  パンは、すぐ腹が減るんよねぇ・・・

  中3のころ(1977年ごろ)、週に一度は
 米飯が主食として出されるようになったが、
 2008年現在においても、近所の小学校における米飯給食は、
 週に2~3回程度だ。
 
  少なすぎるやろ?

  
  米国の小麦輸出戦略と属国政府による
「パン食餌付け」は、今も続いている。

  さいとうたかを『ゴルゴ13』シリーズの
 『穀物戦争 蟷螂の斧』(リイド社)を、
 多くの人に読んでもらいたい。

  呉智英氏が『バカにつける薬』(双葉社)で
 指摘しているように、同書収録の「汚れた金」
 には致命的な欠点があるが、カーギルなど、
 穀物メジャーが牛耳る国際取引の一面を知る参考書として、
 私は愛読している。  
[PR]
by kase551 | 2008-05-17 23:28 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/8873686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 強力タッグ 『創氏改名』 >>