違和感

中国のチベット侵略支配は、もちろん不当なことだが、
欧米人が「人権侵害」を声高に叫ぶのにも、私は違和感を
おぼえる。
 
 第二次世界大戦後、独立を目指すベトナムを押さえつけようとし、
アフリカにおける植民地アルジェリアで核実験を行い、
1990年代にも南太平洋で核実験を続けていたフランス人たちが、
何を偉そうに・・・・

 アヘン戦争を仕掛けて清(中国)を侵略し、香港をぶん取った
大英帝国が、何を偉そうに・・・・

 そしてわれわれ日本人。
 重慶空爆や南京大虐殺、毒ガス放置などの
戦争犯罪の事実を認めない連中が、中国政府の蛮行を批判しても、
説得力はありません。  

 すなわち、稲田朋美が中国政府のチベット抑圧を批判したと
しても、「はぁ?」というワケやね。
[PR]
by kase551 | 2008-04-08 21:44 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/8620336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 愛されたいのなら・・・ 『インドへ馬鹿がやって来た』 >>