検閲議員

「ムカつく」などという言葉は使うべきでない。
 しかしどうしてもこの言葉を言いたくなってしまう。
 
 稲田朋美なる「自民党議員」の顔を見るたびに・・・。
 
 この「議員」が言いがかりをつけて検閲試写会を行った
映画『靖国』の上映が、中止になった。

 ナチズム的価値観を持つ渡部昇一を尊敬し、
南京大虐殺の歴史的事実を認めない彼女の選挙区は、
福井である。

 次の選挙で稲田朋美が再選されるならば、
それは「有権者」が検閲・言論弾圧を
認めるということだ。 
[PR]
by kase551 | 2008-04-01 18:24 | 社会 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/8569750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 試稿錯誤 at 2008-04-01 19:07
タイトル : 謹ミテ、公開中止ヲ弔ス       映画『靖国』 YAS..
毎日新聞 3/31 映画:中国人監督が取材、「靖国」上映中止 「抗議で近隣迷惑」5映画館自粛  靖国神社を描いたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、4月12日からの上映を決めていた映画館5館が31日までに上映中止を決めた。相次ぐ自粛で、当面、公開のめどが立たなくなった。  靖国神社を描いたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」をめぐり、4月12日からの上映を決めていた映画館5館が31日までに上映中止を決めた。相次ぐ自粛で、当面、公開のめどが立たなくなった。 映画は文化庁...... more


<< 卑劣な連中に「NO!」を 卑怯者たち >>