トンデモ「指導要領」

  小中学校における「学習指導要領」が発表された。
 
  注目すべき点が2点ある。
 「道徳教育」における目標として、「我が国と郷土を愛し」
 という文言が明記され、小学校の音楽において、「君が代」
 をいずれの学年においても「歌えるように指導する」と
 定められている。

  自民・公明に投票する「有権者」が、教育基本法の改悪を認め、
 このようなとんでもない「指導要領」に至ったのだと、私は
 解釈している。

  私には子供がいないが、もし小学生・中学生の子供がいたならば、
 どんどん息苦しくなる学校からの脱出、すなわち「脱学校」を、
 その子とともに検討するだろう。
[PR]
by kase551 | 2008-03-30 21:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/8556559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 卑怯者たち アルメニアのブランディー >>