「和幸」

  先日、NHKで放映された番組で、加藤和彦と坂崎幸之助による
「和幸」(かずこう)というコンビの歌と演奏に感嘆した。
  
  サイモン&ガーファンクルの名曲「ミセスロビンソン」
 を連想させる「サタデイナイトムービー」など、
 パロディ精神・遊びごころあふれるメロディ・リズムに
 笑わされつつ、水準の高い歌唱とギター演奏に聴きほれた。
 
  フォーククルセダーズやサディスティックミカバンドなど
 における加藤和彦の才気・センスの良さは以前から認識していたが、
 坂崎幸之助のギターと歌の上手さを、これまで私は認識していなかった。
  「アルフィー」を解散して、「和幸」に専念していただきたいと
 思うくらい、素晴らしい歌と演奏でした。^^
  お二人による「帰ってきたヨッパライ」も絶品。

  今日、「和幸」のCDを買いました。
  収録曲のすべてが、60年代に結成された「和幸」のシングル曲だった
 という設定で、歌詞カードに12枚の「シングルジャケット」が記載されています。^^
c0040369_062251.jpg

  
  加藤&坂崎という稀代の「音楽オタク」(もちろん賛辞)による
 傑作アルバムです。    
  
 
  
 
[PR]
by kase551 | 2008-03-21 23:58 | 音楽 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/8495776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 稲田 at 2008-03-22 14:33 x
坂崎さんはギターうまいし、70年代フォークソングへのリスペクトが感じられますね。鶴瓶さんの年末のオールナイト番組では、いつも弾き語りしています。去年は、研ナオコがゲストでした。
Commented by ゆら at 2008-03-22 22:22 x
うりゃっっ。私の好きな人2人揃ってる!
めったに泣かない赤ちゃんだった私が珍しく泣いた時に
『帰って来たヨッパライ』のレコードをかけるとピタっと泣きやんだそうです。
しかし、なんでそんなレコード持ってたんだろなーうちの親(・_・)

坂崎さんも私の理想の人だなぁ。いっつもニコニコしてて呼吸するように音楽してて楽しそうで、春風みたいな人だよねー。一緒にいたら楽しそうだわぁ(・∀・)
Commented by kase551 at 2008-03-23 00:16
>稲田さん
 そう、坂崎さんの「70年代フォークソングへのリスペクト」に、年下の私も生意気ながら共感します。鶴瓶さんも、「元あのねのね」^^;でしたので、音楽センスはありますよね。

>ゆらさん
 『帰ってきたヨッパライ』のレコードを、まだお持ちなのでしょうか?
 これはホンマに傑作です。
 曲の最後にビートルズ・ベートーベンの名曲を借用したりして・・・・^^


<< 『週刊金曜日』 残酷な「有権者」 >>