橋本勝さん

『DAYS JAPAN』の
年間購読を続けることにした。

「べつやくれい」の連載が終了し、
代わって橋本勝氏のひとコママンガ
の連載が始まることを知ったため。

 橋本さんは、本多勝一氏の『貧困なる精神』
の挿画や、第三書館の「For beginners」シリーズの
イラストなどで知られる、社会への問題意識が
強いイラストレーターだ。

 創刊から橋本さんに依頼していたらよかったのにねぇ。
 まあ、ふやけたしょーむないマンガの代わりに、
橋本さんのシャープなマンガ(絵柄は可愛らしいのです)を
読めるのは、うれしいかぎりです。
 
 よかったよかった。 
[PR]
by kase551 | 2008-03-12 23:07 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/8432823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆら at 2008-03-13 22:01 x
むむむ・・・・
「べつゆくれい」もそのお父さんも知らないけど、下の記事のマンガは・・・・
これ、多分本人は「あたしのはシュールだから ツンツン」とか思ってんだろうね(・_・)
ワシもこんなもん目もくれないな。

良かったね、このマンガの人クビになって。いくら大人の事情でもさすがにガマンできなかったんだろうね。
Commented by kase551 at 2008-03-13 23:20
「ワンニャン雑誌」やマンガ専門誌ならば、べつやくさんの連載は何の問題もないと思います。
 でも、米国の侵略によって血まみれにされたイラクのこどもや、薬害被害者の切実な表情、リストカットを繰り返す少女の手首などの写真が満載の『DAYS JAPAN』で、べつやくさんのマンガを目にすると、なんともいえない不快感がつのるんですね。

 かわいい絵柄と、「と」「に」「を」などのことばあそびが楽しいというファンがいらっしゃることは承知していますが、それは他所でやってほしいんよね、俺は。


<< 軍隊と利権 「アイドル」は要らない >>