「監督」よりも「激励」を

 昨日今日は、「センター試験」の試験監督でした。
 
 受験生の後ろから「見守る」監督はまだいいのですが、
教壇から「見下ろす」のは、イヤですね。
 自分の存在が受験生たちにプレッシャーを与えている
ことが、わかりすぎるくらいわかるだけに・・・
 そうかといって、冗談を飛ばしたり、笑顔を見せるわけにも
いきませんから・・・

 「監督する」というよりも、「がんばれ!」という
激励の視線を送っていたつもりですが、何人かには伝わって
いたかもしれません。  
  
 
[PR]
by kase551 | 2008-01-20 22:56 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/8035804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 住宅ローンは巨額の借金 盗人猛々しい >>