研ナオコ

「そういえば研ナオコって、歌上手かったなぁ・・・」
と、ふと思い出し、彼女のCDを買いました。
c0040369_04616100.jpg

 研さんが歌った「あばよ」という歌を聴いて、
コメディエンヌとばかり思っていた歌手・研ナオコの
実力に驚かされたのは、30年以上も前のことです。

 中島みゆきさんの作品である「あばよ」「かもめはかもめ」
「ひとりぽっちで踊らせて」、福島邦子さんの作品「ボサノバ」、
桑田佳祐さんの作品「夏をあきらめて」などが、私は好きでした。

 研さんの歌の魅力は、深みあるハスキーボイスの味わいと、
抜群の表現力にあると思います。

 決して声域は広くなく、ときどき音程をはずしたりも
するのですが^^;、切なさを感じさせる独特の声で、
丁寧に歌詞を「語る」唱法は、研ナオコならでは。

 そして、微妙な小節の利かせ方も、また上手いんですね。
 「ボサノバ」などにおけるリズム感も素晴らしい。

 中島さんの作品を、本人以外で本人以上に表現できるのは、
研さんだけではないでしょうか?
 
 CDをじっくり聴いて、松任谷由美さんの作品(「帰愁」)や
小椋佳さんの作品(「泣かせて」)、そして桑田さんの作品も
歌いこなす実力に、改めて感嘆しました。
  
 今、思いつきましたが、ぜひ「いとしのエリー」を歌っていただきたいですね。
 桑田さんに比肩する名唱になるのではないでしょうか?
[PR]
by kase551 | 2008-01-13 23:57 | 音楽 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/7980807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Nob at 2008-01-14 18:09 x
そうなんですよ~ バラエティの時とは全然違うイメージでしたよね!
とても 「うたごころ」を持っている人。 
私は中島みゆきさん、サザンはあまり聴かないんですが、彼女の歌う「かもめはかもめ」 「夏をあきらめて」 は大好き♪
初めて研さんを見たのは、「時間ですよ」でした。
Commented by kase551 at 2008-01-15 16:20
 「『うたごころ』を持っている人」というお言葉に、全面同意です。
 これがあるがゆえに、研さんの歌は、ときおりあやしくなる音程も、「味わい」になるんだと思います。

 『時間ですよ』、なつかしいですね。
 「うたごころ」の皆無な浅田美代子さんも出ていましたね。^^;

Commented by Morris. at 2008-01-16 00:35 x
中島みゆきといえば、Morris.にとっては、柏原芳恵に良い曲を提供してくれた作家というイメージが強いです(^_^)
「春なのに」「最愛」「ロンリーカナリア」のみゆき三部作はどれも名曲、そして名唱だと思います(^_^;)

研ナオコの「あばよ」は好きな歌です。
Commented by Morris. at 2008-01-16 00:40 x
すいませんm(__)m
みゆき三部作と書いてしまいましたが、みゆき作曲の柏原芳恵作品には、もう一曲「カムフラージュ」がありました。
Commented by kase551 at 2008-01-16 22:30
 わたしは「最愛」が好きです。
 ♪二番目に好きな人 三番目好きな人♪
から盛り上がっていくメロディが、いいですね。^^


<< 刺激 「再会」 >>