もうかりまっか?

  軍需産業というのは、ホンマにもうかるんですよねぇ。
 
  業者は上乗せ請求をして、防衛省のえらいさんは
 そこからリベートを受け取り、接待を受け・・・

  何億円上乗せしようが、支払いは税金ですから、
 何の心配もないということですね。

  かなり年上の知人の実家が経営していた
 町工場が、太平洋戦争当時、軍に納入する
 鋳物の孫受け工場として軍需物資納入を
 請け負いました。
  敗戦までその知人宅では、毎日肉や魚を
 おかずに、白いご飯を腹いっぱい食べていた
 とのことです。

  軍需はもうかるということです。 
[PR]
by kase551 | 2008-01-09 21:41 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/7946766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< たのもしい若者たち 「市民社会」という理想 >>