リンチの片棒担ぎはお断り

 「裁判員制度」が実施されれば、
「光市事件」のような事件については、おそらく「死刑」の意見が多数を占めるのではないでしょうか。
 あたかもリンチを楽しむかのように・・・

 私は裁判員になることを拒否します。
 リンチの片棒をかつがされるのは、絶対にイヤです。

 「裁判員拒否」によって、科料などの処罰がなされた場合、
「憲法訴訟」を起こすことも考えています。 
[PR]
by kase551 | 2007-10-30 22:17 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/7295769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 秋の夜の酒 恐怖の「裁判員制度」 >>