うすっぺらい「ジャーナリスト」

 阿久悠さんの追悼番組で、進行役の鳥越俊太郎氏が、
「ぼくたち日本人って、ほんっとに阿久悠さんから
多くのプレゼントをいっぱい、5000曲以上でしょ?
ど~んっと、ぼくらはもらったような気がしますね」
と発言していました。


 なんで「ぼくたち日本人」やの?

 日本社会に住んでいるのは「日本人」だけではないことを、
「ジャーナリスト」である鳥越さんは、当然ご存知のはずですが・・・

 番組でも紹介された名曲『あの鐘を鳴らすのはあなた』を
歌ったのは、『週刊文春』で自らのルーツを語った在日朝鮮人歌手・
和田アキ子さんなのに・・・・


 うすっぺらいなぁ・・・・
  
[PR]
by kase551 | 2007-09-12 22:24 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/6951915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆら at 2007-09-12 23:14 x
まぁまぁ、今日のところは阿久悠さんに免じて・・・・(・∀・) ね
だいだいがあの司会陣の選択がよくわからなかったし。特にやっぱり鳥越さんという選択は・・・・ ???

阿久さんの詞にはいいメロデイがつけやすかったのかなぁ。『ブルースカイブルー』『乙女のワルツ』『林檎殺人事件』『ジョニィへの伝言』『五番街のマリーへ』、『宇宙戦艦ヤマト』まで、みんな好きな曲ばっかり!!
沢田研二さんの全盛期前半のトリビュートアルバム「ロイヤルストレートフラッシュ」を持ってるんだけど、見直してみたら90%が阿久さんの詞。おまけに私が小学生の時に初めて自分で買ったレコードである沢田研二さんの『ヤマトより愛をこめて』 (劇場版・宇宙戦艦ヤマトの挿入歌) も阿久さんだった!!

本当にお世話になりました阿久さん。いやいや、これからもいい曲は死ぬまで聞き続けるので、これからもよろしく!(・∀・)b

あ、そうそう、『懺悔の値打ちもない』は音楽とは違うルートで高校生の頃に知った曲なんだけど、なんと音源、持ってました(・_・) ナツメロオムニバスCDに入ってた。反社会的って批判されたみたいだけど、藤圭子さんもこのタイプの歌うたってたけどねぇ。
Commented by kase551 at 2007-09-13 23:42
 私は特に、『ジョニーへの伝言』が好きです。

 阿久悠さんの歌を聴いて育ったことは、幸せだったと思います。

 「反社会的」という批判は、ほんまにおかしいですよね。
 まあ昔は、手塚治虫さんのマンガにも「俗悪」といいがかりをつける
アホな連中がいたそうですから・・・・。


<< 「拉致問題」雑感 次のNHK朝ドラはちょっと面白... >>