ふたりのケンジ

日本共産党の基礎を築いた宮本顕治氏が死去しました。

 今日、浜田幸一元衆議院議員のコメント
(『西日本新聞』2007年7月19日 29面掲載)
を読んで、苦笑。

 コメントを全文引用します。

 宮本なくして日本共産党なし。
 これだけの組織をつくった宮本氏は
われわれの最大の好敵手だった。
 言葉はソフトになっても宮本氏の残した
闘争心が共産党の本質だ。


ハマコーって、ほんまアホちゅうか、なんちゅうか・・・

 浜田幸一による共産党批判のうち、私が今でもあざやかに
思い出すのが、約25年前の国会での「人殺し発言」です。

 たしか日曜日の午後6時ごろ、国会中継をながめていた
私は、浜田氏の次のような言葉に驚きました。

 「だから私は、宮沢賢治は人殺しだと言ってるんです!」
 

  宮沢賢治が人殺し?

  「人殺し」というハマコーの発言は、周知の
 「共産党スパイ粛清疑惑」を指してのことです。
  浜田幸一氏にとっては、宮沢賢治も宮本顕治も同じなんですね。


   ほんま、しょ~むないやっちゃなぁ・・・・ 
   なにが「好敵手」や?

   まぁ、次のようなコメントが言えれば、
 ハマコーを少しは見直すのですが。
 
   私はかつて国会で、宮本顕治さんと宮沢賢治さんを混同した
  暴言を吐いた。これは本当に恥ずかしい。
   しかし、宮本さんの獄中生活12年のような信念を貫く生き方を、
  政治信条は違っても、私は尊敬する。
   ソウイウヒトニ ワタシモ ナリタイ
[PR]
by kase551 | 2007-07-19 23:42 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/6526681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 地震雑感 「名誉在日朝鮮人」 >>