裏声

 20年くらい前に、丸谷才一の『裏声で歌へ君が代』という
小説を読んだことがある。

 詳しい内容は憶えていないが、私に「国家とはなにか?」
という問題意識を持たせる一助となった小説だった。
 

 それはさておき、私が2002年から日本での
定住生活を再開して、今でもなじめないのが、
テレビに登場するレポーター・アナウンサーや
俳優たちの裏声だ。特に女性・・・・

 のどを詰めた不自然なハイトーンを耳障りだと
感じる人が少なくなったのか、それとも、そのような
声を「可愛い」と感じる人間が増えたのか・・・・・


 かつて(1980年代)私は出勤前に、時計代わりにNHKの
ニュースと朝の連続ドラマを見るともなしにながめていたが、
最近は音声を消して時間だけを見ている。

 現在放映中の 『どんど晴れ』なる、ドラマらしきもの・・・・
 ヒロイン役の発声が耳障りこの上ない。
 典型的な、のどを詰めた裏声・・・・・
 『天花』のヒロインと双璧の、発声の悪さ。 

 そして、『どんど晴れ』直前の『おはよう日本』
を担当する首藤というアナウンサーの発声もひどい。

 腹から声が出せない「アナウンサー」が、「天下のNHK]
においても増えつつある。

 加賀美幸子・広瀬修子・山根基世たちは、このような現象を
どう感じているのだろうか? 興味深い。 
[PR]
by kase551 | 2007-07-08 23:07 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/6460609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆら at 2007-08-01 17:24 x
こんにちはー(・∀・)ノ  おじゃましますー

ナツミ役の人はもちろんだけど、マサキの人もひどくないですか??
顔にも声にも表情がないよ、このカップル(◎_◎)

とにかく脚本がヒドくて、せっかくの宮本信子さん草笛光子さんがもったいない!!
特に宮本信子さんが本当に気の毒。あれほど軸がブレまくるキャラクターなんて前代未聞ですよね(◎_◎)
どうやら遠野シリーズから完全にナツミ・マサキ一派に入ったらしいですよ、環さん(・_・)

急に・・・・なんでだろ??  あんだけのことしたマサキを・・・・( ・◇・)?
Commented by kase551 at 2007-08-01 23:50
 ゆらさん、書き込みありがとうございます。

 おっしゃるとおり、「マサキ」の能面のような顔
と棒読みセリフは、「ナツミ」と双璧ですね。
 仮面夫婦ならぬ能面カップル・・・・
 
 ほんま、宮本さんと草笛さん(ご指摘どおり特に宮本さん)が気の毒です。あき竹城さんも、脚本がもう少しまともならば、もっと深みのある芝居ができると思います。
 
  もうここまできたら、NHKエグゼクティブアナウンサーの加賀美幸子さんにご登場いただき、「ことばからの加賀美屋改革」を進めてもらいたいですね。


<< 伝統文化の排他性 職場体験 >>