憂国

 イラクの石油を略奪するために、米国が侵略戦争を
始めたのが2003年。
 日本はその片棒をかつがされ続けています。

 「改正イラク特措法」の強行採決・・・・

 ファルージャ大虐殺や、米兵によるイラク女性暴行事件など、
ベトナム戦争と同様の虐殺・暴行が続くイラク・・・・
 
 その元凶である米軍を支援するために「自衛隊」を送る
国が、「美しい」はずがありません。
 

 米軍と自衛隊の一体化、三角合併による
日本企業の買収、「英語でしゃべらナイト」などの
マスコミ番組を通した一層の文化植民地化・・・・

 これらを指摘する「ネットウヨ(インターネット上の「右翼」)」が
もっと出現してもおかしくないはずなのですが?
 

侵略戦争に「愛する祖国」が加担することを憂う・・・・
 これこそ、「愛国」「憂国」ではないのでしょうか? 
 
[PR]
by kase551 | 2007-06-21 22:04 | 社会 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/6358481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 多様な言論 at 2008-06-22 01:20 x
>これらを指摘する「ネットウヨ(インターネット上の「右翼」)」が
もっと出現してもおかしくないはずなのですが?

「文化植民地主義」を指摘するネットウヨがなぜあまり出現しないか私なりの考えを。
今更英語を否定したところでそれは愛国・憂国などと呼べるものではなく、単なる「国粋主義」にすぎずないということに大概の人は気付いているからです。
国粋は必ずしも愛国の体をなさず などと言った人もいましたね。

それと、NHKの語学番組は「しゃべらナイト」のような英語のものだけではないことをお忘れなく。
実際は仏伊独ハングル・スペイン等等、多様な言語の番組があります。しかも最近はどれもバラエティ色を強くしてるようですね。
日本はこれら世界中の国から文化植民地化の憂き目に会ってるとでも言うんでしょうか?
Commented by kase551 at 2008-06-22 01:46
  問題の本質は、多様な言語がNHK教育テレビで「語学番組」を
しているだけで十分なのに、英語(実質は米語ですね)だけが、
教育テレビだけではあきたらず、「教育」されるのがイヤな人たちに
「しゃべらナイト」を押し付けていることです。

  「語学番組」は、教育テレビだけで十分です。
   
  視聴料を徴収しつつ、特定の言語だけを「喋らないと」?
  これは変ですよねぇ。

  繰り返しますが、「語学番組」は、「教育テレビ」だけで十分。
  特定言語だけを、「総合テレビ」で押し付けるなよ。 
  以上。
Commented by kase551 at 2008-06-22 02:02
  訂正。
 問題の本質は、侵略国家・米国の蛮行に異を唱えることもなく、
自国民が日常的に性暴力などの被害に直面していること(特に沖縄で)
と、イラク侵略戦争に加担させられていることへの自覚が皆無な人たちがあまりにも多いことだ。
Commented by 多様な言論 at 2008-06-22 02:12 x
>「しゃべらナイト」を押し付けていることです。

英語がメインというコンセプトがあるだけで、どこにも「押し付け」してる部分などないと思いますが。
どっちにしろ、この番組と「文化植民地主義」とは何の関係もないと思いますよ。
まあそんなにNHKのやり方が気に入らないなら、どうぞ本田勝一センセーをみならって不払いでもなさってください。
しかし、払わないからにはくれぐれも「ただ見」だけはなさいませんようお願いします。
そんなことをされては、私たちのようにしっかり受信料はらってる人間にただ乗りしてるようなものです。

それより、宮崎氏死刑のコメントについては突然削除してコメント不能にするだけで、何もおっしゃってはくれないんですね。
器の件も同様ですが。
Commented by 多様な言論 at 2008-06-22 02:25 x
訂正
本田勝一→本多勝一
Commented by kase551 at 2008-06-22 11:46
 本多勝一氏に対する攻撃や、「多くの論調が週刊金曜日とかなり似通ってるのが気になる」
というコメントなど、「多様な言論」さんは、『週刊金曜日』がお嫌いなようですね。
 私も同誌発行人の佐高信氏は、好きではありません。
 
 それより、宮崎勤死刑執行に関する6月17日の「つぶやき」は、
興味本位の報道、死刑と裁判員制度に対する違和感、佐木隆三氏の
鈍感さに対する嫌悪を述べたものなのに、「多様な言論」さんは
私が被害児童のことに触れていないことを批判されました。
 これは的外れの攻撃なので、削除させていただきました。

 また、6月16日の「つぶやき」では、「食べ物を平気で捨てる『大人』
になってしまうのではないだろうか」と、私は決して断定などしていないのに、
感情的にかみついてこられたので、これも削除。

 この「つぶやき」ブログは、私の「憂さの捨てどころ」なので、
私にさらに「憂さ」を与えるような的外れな攻撃やイチャモンは、
これからも削除させていただき、「コメント拒否」などの対応も
いたします。

 お気に召さなければ、ご覧にならないのがよろしいかと存じます。 
Commented by 谷口 at 2008-06-22 18:31 x
断定しなければ、予断と偏見で人のライフスタイルと子供の未来を否定・差別してもいいとでもいうのでしょうか?
語尾を「~ではないだろうか」などという曖昧な形にしてはいるが、まず最初に他人に「憂さ」を与える原因を作ったのは管理者様のほうです。

ちなみにわたしは当初、週刊金曜日を愛読してました。
他のメディアが触れない点について丹念に述べられてるのは得がたい点です。
その点では管理者様と多分同じだったのだと思います。
いまでは「弱者の見方」を標榜しているのもかかわらず、実態は極めて政治的に弱者を切り捨てていることに疑問を感じて(他にも理由はあるけど)一定の距離をおくようになっだけのことです。
それとも、多少内容を非難すると「嫌い」「攻撃している」ということにしてその意見は認めないというのでしょうか?

コメント拒否という形で逃げを打ちたいというならどうぞご自由に。
ただし、好きで他人のブログ等を見ているだけなので、今後も見続けますけどね。
それは管理者様が「三流コラム」にムカつきながらもわざわざ撮影、引用までして話のネタにしてることと同じだと思います。

Commented by kase551 at 2008-06-22 19:07
 ご覧いただくのは、どうぞご自由に。
 
 ただし、コメント拒否や削除は、「逃げ」ではなく「正当防衛」(笑)です。


<< ケン ケン パッ!  贋作 枕草子 >>