雑誌雑感

 帰宅して郵便受けを開けて、「おっ」と声が出ました。

 『金曜日』がもう来てるやん!


 『週刊金曜日』を定期購読していますが、金曜日に
拙宅に届けられたのは(郵送です)、今日が初めてです。
 たいてい、土日のどちらかに配達されるので、
「金曜の『金曜日』」は、ちょっと新鮮でした。

 
 広告収入に依存する新聞にはできない、
トヨタ・電通・三菱などの問題点を正面から指摘できる
雑誌として、『金曜日』は貴重な存在です。
 
 ちなみに『しんぶん 赤旗日曜版』も、本日(金曜日)
郵便受けに入っていました。
 これも初めてです。 土曜配達が普通なのに・・・・


 日本共産党の体質は、ホンマに嫌いです(中国共産党も嫌いですが)。
 「ナンバー4」だった筆坂氏の「飲酒セクハラ事件」への
批判を抑えるために出された「禁酒令」には、ぞっとしましたね。
 「禁酒令? お前ら、それでも人間か?!」と思いました。

 しかし、石原慎太郎の都政私物化や、自衛隊による市民監視の
実態などを明らかにしたのは、まちがいなく共産党の功績ですね。
 
 だから、『しんぶん 赤旗日曜版』の購読を続けます。
 
 このブログも、監視対象かもしれませんが・・・・^^;


 このほか、拙宅では、『DAYS JAPAN』『現代』『ダ・カーポ』
を定期購読していますが、『DAYS JAPAN』6月号の特集
「慰安婦 100人の証言」は、この雑誌ならではの企画だと
思います。元従軍慰安婦被害者100人の顔写真と被害状況を
見て読むと、「強制の事実を裏付ける証拠はない」という
妄言の愚かさが、一層際立ちます。

 しかし、『DAYS JAPAN』におけるべつやくれいさんの
「しろねこくん」という連載マンガは、目障りです。
 場違いなんですね。
 
 勝手な憶測ですが、「別役実」さんのお嬢さんなのでしょうか?
 
 
 ユーモアを盛り込んでくださるのなら、マッドアマノさんの
毒気あふれるブラックユーモアのほうが、ありがたいのですが・・・ 
 
 
 さて、『現代』は、斎藤貴男さんや魚住昭さんの記事が掲載されることが
多いところが気に入っています。
 特に、今年1月号~3月号掲載の、斎藤さんによる集中連載
「戦争経済大国 ニッポン」は、好企画でした。

 
 気になるのが、『ダ・カーポ』ですね。
 私は同誌の「メディア批評」を愛読していたのですが、連載陣が
大きく変わってしまいました。
 昨年までの、斎藤貴男・魚住昭・目取間俊という顔ぶれが、
斎藤さん以外の二人が、田中宇氏と高橋秀実氏になったんですよねぇ・・・・
 
 田中氏・高橋氏には申しわけありませんが、私が「メディア批評」
に求める「権力に対する問題意識」「歴史認識」において、
両氏は魚住氏・目取間氏よりも大きく見劣りします。
 
 そして『ダ・カーポ』最新号は、「麻生太郎特集」!
 どないしたん?

 かつて斎藤美奈子さんが、「チョコマカ生きる書生体質の次男坊」
と評した、(いい意味での)青臭さや問題意識が、急速に失われつつ
あることが残念で、気がかりです。 
[PR]
by kase551 | 2007-06-15 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/6320854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 贋作 枕草子 反面教師 >>