「ふるさと納税」? アホか・・・・・

 納税者が、税金の一部を居住地ではなく
出身地に納めるという「ふるさと納税」って、
なんでんねん?

 6月から大幅に上がる住民税への不満を
そらそうとしているとしか考えられないのですが・・・

 まあ政治家や役所が「ふるさと」うんぬんを言うときには、
だいたいがうさんくさいんですよねぇ・・・
 
 仮に、祖父母のルーツである朝鮮半島も「ふるさと」と思い、
生まれ育った大阪も「ふるさと」と思うとAさんが、
「では、朝鮮民主主義人民共和国と韓国と大阪市に住民税を
3等分して払います」と言ったなら、どうするのでしょうか?


 住民としての参政権を剥奪し続け、税金だけは上げようとする
「美しい国」・・・・
  
[PR]
by kase551 | 2007-05-27 21:03 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/6186193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 温顔の頑固さ 在日女性文学『地に舟をこげ』 >>