なにが悪いねん?

 高校における「野球特待生制度」の
どこが悪いのでしょうか?

 高校野球連盟(高野連)規定違反?

 「裏金問題」のあおりでしょうか?
 なんともアホらしい・・・
 それは、「高野連規定」がおかしいんでしょうが・・・


 私は高校野球には、ほとんど関心はありません。

 かつての清原やダルビッシュのようなプロ級選手の
プレーは見たいと思いますが、プロ二軍にも及ばない
試合のどこがおもろいねん? と思います。

 大阪で一般化していた甲子園賭博をしているならともかく・・・・
 これは春夏甲子園大会の時期、大阪の喫茶店での風物詩でした。
 今はどうでしょうか?

 清原やダルビッシュが、「けがれない球児」だったわけが
ないでしょうが・・・・
 そして、そのような「ガラの悪いヤツら」のスーパープレイが、
私には面白いのです。 今の清原は、あきまへんが・・・・

 義務教育でないのですから、そのような選手たちを
金銭的に優遇して、何が悪いねん?

 たとえば、甲子園でのホームラン一本につき100万円を支給して、
何が悪いねん?


 まあ私から見れば、一番問題なのは、高野連のえらいさんたちでしょうね。
 まず改善すべきは、大会終了後のあいさつです。

 決勝戦を終えて、疲労困憊している選手(特に投手)たちを
炎天下のグラウンドに立たせて、おそらく冷房の効いた特別室で
観戦していたえらいさんが、延々と続ける「あいさつ」・・・

 鈍感なやっちゃなぁ・・・
 せめて、座らせたらどうやねん?
 そして、優勝チームには、ビールかけ放題を^^;・・・ 
[PR]
by kase551 | 2007-05-09 23:01 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/6045293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 物語の力・作家の力 佐藤優と鈴木宗男 >>