親分子分

 長崎市長が背後から拳銃で撃たれ、心肺停止になりました。


 「仮に、どのような事情があったとしても、絶対に許されない犯罪です。
 このような暴力は、断じて許されません」
 とコメントするのが、法治国家・民主国家の首相だと思うのですが・・・・

 「捜査当局において厳正に捜査が行われ、真相が究明されることを望む」
というのが、安倍首相のコメントです。
 
  真相究明?

  なにを眠たいことをゆうてはりますねん・・・・
  何をおいてもまずは、理不尽な暴力を否定せなあかんやろ・・・
  

 加藤紘一さんの実家が放火されたとき、当時の小泉首相が
それを許さないというコメントを発するまで、数日を要したことを
連想させます。

 
 「銃社会」の根源には、イラクなどを侵略し続ける帝国主義政策があることが
明らかであるのにもかかわらず、したり顔でコメントするブッシュに続き、
わが首相も・・・・

 親分子分というか、以心伝心というか・・・・   
 
[PR]
by kase551 | 2007-04-17 22:58 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/5909938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ゆるしがたい 星新一と藤子・F・不二雄 >>