星新一と藤子・F・不二雄

 評伝『星新一』から受けた刺激が、まだ抜けません。

 星さんに共通する発想力・想像力を持つマンガ家として、
私が連想するのは藤子・F・不二雄(以下藤子F)さんです。

 藤子Fさんが1960年代末から80年代初めにかけて
描いたSF短編は、マンガ史上に残る傑作ぞろいです。
 
 人間という存在・地球という惑星を客観視・俯瞰する
作品群は、藤子Fさんならではの世界です。

 藤子不二雄A(以下藤子A)さんも、数多くの秀作短編を描いていますが、
藤子Aさんは人間心理の暗部をえぐった、ブラックユーモアの傑作が多いですね。
 「ひっとらあ伯父さん」「北京ダッグ」など・・・・
 これらの救いのないダークなユーモアも、超一級品です。
 藤子Aさんの作品世界については、また改めて書きます。


 さて、私がおすすめしたい藤子FさんのSF短編は、
「ミノタウロスの皿」です。
 

 青年誌からSF短編の依頼を受けたとき、
藤子Fさんは、自分の絵は「お子様ランチ」だから・・・と
躊躇したらしいですが、あのSF傑作群は、
一見可愛らしい、すっきりした読みやすい藤子Fさんの
絵柄あってゆえだと、私は思います。

 
 牛が支配する惑星に不時着した地球人が、その惑星で
家畜として生きる人類(人類はそれを当然のことと納得している)
の一人であるミノアという少女に恋し、生贄になる彼女を助けようとする
悲喜劇は、下の絵柄ゆえに、一層読み応えが増します。
c0040369_026111.jpg
 (「ミノタウロスの皿」、『カンビュセスの籤』(中央公論社)、1987年、272-273頁)

 
抜群の発想力・想像力と、読みやすい絵柄・文体。
 そして、人間に対する底知れぬ絶望感と、絶望しきれぬやさしさ・・・

 藤子F作品と星作品の共通点です。
[PR]
by kase551 | 2007-04-15 23:47 | マンガ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/5899278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ランプサクス ~ディープ.. at 2007-04-17 08:51
タイトル : 「ハムサラダくん~藤子不二雄物語」
私は藤子不二雄が好きで。 もう、めっちゃ好き。 どっちかっていったら、F先生のほうが好きだったりするのだけれど、「まんが道」も超好き。 昔のドラマは良い出来だった。 高度経済成長期のど根性成り上がり物語って好きです。 わたしも現状を頑張ろうと思える。 んで、「ハムサラダくん」は、「まんが道」を子供向けにリライトしたもの。 なんたって、「コロコロ」連載だもんね。 ... more
Tracked from ランプサクス ~ディープ.. at 2007-04-17 11:19
タイトル : 「ミス・ドラキュラ」6巻読んだ。
藤子不二雄Aの。 なんと、これ「女性セブン」連載だったんだよね。 「女性セブン」って、懐が深いなあ。 正直なにがおもしろいのかさっぱり説明できないのだけれど、おもしろい。 なんなんだ、これ。 藤子不二雄A先生のはたいていそうだけど。 普通のサラリーマンやOLの日常を「バカダヨネー」って見せてるだけなんですが。 オチも別にひねりもなく。 でも、なんかおもしろい。 ミス・ドラキュラが、なにを思ってみんなのために気を配っているのかとか謎すぎ。...... more


<< 親分子分 「ある夜の物語」と「読者罵倒」 >>