圧力をかける側が一番悪い

 従軍慰安婦問題を扱った番組改編問題を
めぐる訴訟で、判決が下されました。

 この問題の本質は、魚住昭さんが以前、『現代』2005年9月号で指摘していたように、
政治家の圧力によって、放送前の番組がカットされたことにあります。

 圧力の事実を報道した朝日新聞とNHKの対立を強調しようする
アホ週刊誌などもありましたが、NHKも「被害者」なんですよねぇ・・・・
 

 「いじめる側が悪い」のと同様に、
 「圧力をかける側(安倍晋三・中川昭一)が一番悪い」
ということを、マスコミはもっと強調すべきだと思うのですが・・・・
[PR]
by kase551 | 2007-01-30 19:31 | 社会 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/5401307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 残 照 at 2007-01-31 08:04
タイトル : NHK「戦犯法廷」番組は政治圧力による改編だった(控訴審..
画期的判決 6年前の1月29日、NHK幹部が安倍と中川に番組改編圧力を受けたのと同じ日の昨日、東京高裁101号法廷で、番組は「国会議員の意図を忖度(そんたく)して当たり障りのないよう修正した」ものだとした画期的内容の判決が出された。 まずはこの番組の取材対象「女性国際戦犯法廷」の国際実行委員会の方々、VAWW-NET Japanの事務局の方々のこれまでの長きにわたる労苦に心からの敬意を表したい。 代表者の一人であった今は亡き松井やよりさんの霊前に真っ白いカーネーションの花束を手向けて判決報告...... more


<< 二度の棄民 Mさんへの好感 >>