Mさんへの好感

 同年輩のMさん(日本人中学教師)に会いました。

 日本の近代史・戦後史をきちんと教えている先生も
少なくないことを知り、ちょっとうれしくなりました。

 「選挙では絶対に棄権しない」と話す彼女に好感を抱きました。


 いくらご立派な理由を並べても、日本生まれの「日本人」が
投票権を放棄することには、抵抗を感じます。
  
 参政権を不当に剥奪されている外国籍住民の「同胞」を
思えば、「棄権」などできるはずはないのですが・・・・・
[PR]
by kase551 | 2007-01-27 23:26 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/5380264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 圧力をかける側が一番悪い ほんまもんのキムチ >>