「ホープ」よりも「リバティ」

 ジャズピアニスト秋吉敏子さんの娘が歌う「Hope」(希望)と
いう歌を聴きました。

 秋吉さんの娘は歌手だったんですね。

 残念ながら、実力はイマイチです。
 声が弱々しく、声量もなく、音程も不安定・・・

 あれだけのミュージシャンが、自分の娘の実力を
知らないわけはないのでしょうが、やはり身内ゆえでしょうか。

 彼女の不出来な歌唱を聞きながら、
「この曲を吉田美奈子さんが歌ったら、ごっつい感動的に
なるはずやのになぁ・・・もったいない」と思ってしまいました。

 「口直し」ならぬ「耳直し」に、吉田さんの「Liberty」(リバティ)
を聴いております。
 希望がわいてくる名曲・名唱です。
[PR]
by kase551 | 2007-01-06 23:10 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/5262162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「団塊世代」の勘違い 無能だから無言 >>