死刑執行と再審開始取り消し

 昨日死刑執行のボタンを押させられた刑務官たちは、家族に「メリークリスマス」と言えたのでしょうか・・・

 意に沿わぬ「殺人」を担当させられる刑務官は、本当に気の毒です。

 だから私は、死刑廃止論者です。

 そして、「名張毒ブドウ酒事件」の再審開始取り消し判決・・・・


 未だまったく手付かずの年賀状にとりかかる気も失せます・・・・・・


 「おめでとうございます」が、あまりにもそらぞらしくて・・・
[PR]
by kase551 | 2006-12-26 20:35 | 社会 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/5204399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-12-28 15:10
タイトル : クリスマスに死刑を執行する美しい国、ニッポン
死刑執行:4人に 安倍政権で初 1年3カ月ぶり ◇死刑制度の維持したい法務省の強い意思  9月末に就任してからまだ日の浅い長勢甚遠法相が25日、一度に4人もの死刑執行を命じたことは、毎年執行の実績を積み重ねることで、死刑制度の維持を確かなものにしたい法務省の強い意向を反映している。杉浦正健前法相が死刑執行命令書への署名を拒否したまま退任したことから、同省としては今月の執行を逃せば14年ぶりに「死刑執行なし」になるという事情があった。 (毎日新聞 2006年12月25日) 今日、12月25日...... more


<< 年賀状 クリスマス関連の名作二編 >>