断絶と愛

 同じ曜日、同じ時間に、同じ相手に語りかけても、
「う~ん、通じんかなぁ・・・」と感じるときと、
「おっ、伝わったかな?」と、手ごたえを感じるときが
あります。

 相手は人間ですから、当たり前のことですが・・・
 面白いですね。


 以前、筒井康隆さんが某雑誌に書いていたエッセイの
中に、「人間は元来、断絶した存在だ」という意味の
文章があり、いたく同感したことがあります。


 だからこそ、「伝わった」という手ごたえを、ありがたく
感じられ、相手をいとおしく思えるのでしょうね。

 「愛がすべてさ」などという歌詞には失笑してしまいますが
(俳優としての大友康平さんは好きです)、「愛」は確かに存在
すると思います。
[PR]
by kase551 | 2006-12-20 22:37 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/5173163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 心を亡くさない忙しさ 『山の少女 メンちゃん』 >>