NHKへの放送命令

 短波ラジオの国際放送で「拉致問題」を
重点的にとりあげるようにと、総務大臣が
NHKに命令しました。

 かつて、NHK教育テレビが製作した
従軍慰安婦問題関連の番組に圧力を
かけた、安倍晋三という政治家が率いる
内閣らしいですね。


 国交樹立なくして「拉致問題」の解決は
ありえないと考える私にとって、
安倍晋三が「わが首相」であることは、
なんとも無念です。


 この現状を見れば、
 "We shall overcome!"と歌えるはずはなく、
ニヒリストを気取って逃げるのもイヤですね。

 故松下竜一さんのように、「アハハハ 負けた負けた」
と、時には笑いながら、「一寸の虫にも五分の魂」を
持ち続けたいと思います。

 「負け」つづけても、Let the sunshine in!は、歌いたいですね。
[PR]
by kase551 | 2006-11-10 21:15 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/4928341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< モツ鍋視察来福 モンクの文句 >>