「DNA」?「遺伝子」? アホか?

 安倍新首相が誕生しました。

 従軍慰安婦関連のテレビ番組に圧力をかける
などの「実績」を持ち、小泉政権の対米盲従路線・
格差拡大路線を続けるであろう安倍氏が首相に
なったことは、私にとっては大いなる不幸です。

 教育基本法改悪の方針にも、「公立学校に通ったことも
ない世間知らずのお坊ちゃまが、自分勝手なことを
押し付けるなよ、このボケ!」と思います。
 

 しかし、彼に対する批判の中で、「これはあかんでぇ・・・」
という言葉遣いがあります。

 「岸信介のDNA」「タカ派の遺伝子」などという物言いです。

 近年よく目にする、「○○のDNA」という表現に、大いに抵抗を感じます。

 安倍氏が祖父・岸信介氏を崇拝していることや、「タカ派」であることは、
周知の事実です。
 しかしそれを表現するのに、「DNA」ということばを使うのは、
どうもおかしいと感じます。

 「受け継ぐ対米追従」や、「庶民蔑視エリート意識の伝統」、
「三代に渡るタカ派の家訓」などの表現を使えばいいのにねぇ・・・
 まさか、「DNA」「遺伝子」という物言いが、「しゃれた表現」と
思っているわけではないでしょう?

 得々として「DNA」「遺伝子」ということばを使う人たちは、
この物言いが、「遺伝子決定論」「優生学的人権侵害」に
つながる危険性を、考えたことがないのでしょうねぇ・・・・

 コワイ・・・・

 
 安倍氏の問題点の一つは、岸信介氏の「功」だけを見ようとし、
「罪」を無視しようとするのみか、その「伝統」に乗っかって
恥じることがない、というところにあります。
 それを批判するのに、「DNA」や「遺伝子」ということばを
使っては、安倍氏の鈍感さや無神経さの由来を、
生物学的な要因に求めてしまうことになるんですよねぇ・・・

 それはちゃうやろが・・・
 「目くそ鼻くそを笑う」どころか、「生物学的差別主義者」の
汚名を着せられまっせ、ホンマに・・・・

 安倍氏の場合は、「対米服従首相の孫が対米服従首相になる」
見込みが濃厚ですが、先代の過ちを繰り返さない二代目・三代目は、
間違いなく存在しています。
 「伝統」や「家訓」を「継承」せず・・・・・ 


 だから、「遺伝子決定論」は、やめましょうよ。

 批判は、論理的に行わなければ、逆効果になってしまいます。

 自戒を込めて・・・・ 
[PR]
by kase551 | 2006-09-26 21:56 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/4628336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 性・性犯罪に関することば 国旗・国歌の強制は違憲 >>