「臭いものには蓋」?

  得体が知れず、理解しがたい物事や人・・・・・

  人間という動物は、得体が知れず、理解しがたいところが
 満載のように思えます。 私自身も・・・・・

  そのような人間を二分法で判断することには、抵抗を感じます。

  「正常」と「異常」、「常識」と「非常識」、「愛国者」と「非国民」・・・・

  得体が知れず、理解しがたいオウム真理教の元教祖を、縛り首にして幕引きですか・・・・

  本当に彼は、「治療不可能な廃人」なのでしょうか? 
  万が一の可能性はあるのですから、一応治療を試みるべきではないのでしょうか? 

  一度も治療を試みることもなく、「狂人の教祖」を抹殺しようとすることに、
 私は大きな恐怖を感じます。
[PR]
by kase551 | 2006-09-16 22:44 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/4567913
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 雨の夜明け(大貫妙子) 冤罪の恐怖 >>