心配

 炎天下の中、何百回(地区予選から数えれば何千回?)も
全力で腕を振り続けた少年たちの肩・腕・手首は、どうなっているのでしょうか?

 個人差はあるでしょうが、血行障害や骨の異常など、
相当なダメージを受けているケースも、結構あるのではないでしょうか?

 「鉄腕」や、「ハンカチ王子」などとはしゃぐ大人たち・・・・・

 新しい「商品」としか見ていないんですねぇ・・・・
 「使い捨て」の・・・

 
 『朝日新聞』への不信感は、増すばかり・・・・
[PR]
by kase551 | 2006-08-22 22:38 | スポーツ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/4391611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hamnidak at 2006-08-23 09:58
私も春と夏の高校野球を見るたびに、商品化された高校生があわれに思えます。
野茂やイチローといった、(野球の)世界で一流と呼ばれる(た)選手が甲子園のスターでなかったことがせめてもの救いです。
Commented by kase551 at 2006-08-24 23:53
 桑田や清原、松坂のような高校生だけなら、心配はいらないのですがねぇ・・・。
 野茂は大好きです。選手としての実力(私は近鉄ファンでした〔【でした】が悲しいです・・・〕も、野球人としての姿勢も好きですね。


<< 坂口尚 続 インタビュー  >>