「泣く少女」と「泣く女」

  美術に関しては門外漢ですが、今日(8月4日)の『朝日新聞』
夕刊を見て、「あっ、これは、あれのパロディ(オマージュ?)やなぁ」
と思いました。
c0040369_0659100.gif
(『朝日新聞』2006年8月4日夕刊、第5面)
 
 そう、ピカソの「泣く女」ですね。

 記事にも当然そのあたりのことが触れられていると思ったのですが・・・・

 西田健作という人が書いた記事は、次のように終わっています。

 「それにしても、何と陳腐な涙だろうか。記号のように書かれていて、
実際の女はこんなわざとらしい涙は流さないのではと思ったり、いやいや、
案外人間の涙なんてそんなものかもと思ったり。リキテンスタインの謎かけは、
今も刺激に満ちている」

 これが「プロ」の文章でしょうか?

 「記号のような涙は、ピカソの『泣く女』を連想させる」くらいは
述べてほしいと思いますが・・・・・
c0040369_081163.jpg

[PR]
by kase551 | 2006-08-04 23:56 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/4277584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「ならず者国家」の核兵器 ボクシング雑感 >>