Speak Japanese, American

 久しぶりに、読売新聞の連載マンガ『コボちゃん』を
目にしました。
 出張先のホテルなどでサービスとしていただく
以外には、読売新聞は読むことがありません。

 今日届いた荷物の梱包に使われていたのが
読売だったので、目にした次第です。

 内容は、「これはなんやねん?」という感じですね。
c0040369_2157528.gif

 「エイゴ、ワカリマスカ?」という簡単な日本語さえも
覚える気のない傲慢不遜な「言語帝国主義者」の
欧米人(とおぼしき)女性に対して、コボちゃんの
おじいさんは、なぜこんな卑屈な態度を取るのでしょうか?

 「ここは日本ですよ。日本語で話してください」
とたしなめるか、
 「無礼者! 日本語で話せ!!」
 と一喝してもおかしくない場面なのに・・・・・

 こんなマンガが、日本最大の発行部数といわれる
新聞に掲載されているとは・・・・・

 まあ、『英語でしゃべらナイト』などという
植民地根性丸出しの番組が、NHKで放映されている
この社会ですから・・・・

 友部正人さんの「Speak Japanese, American」
を聴きましょうか・・・・ 
c0040369_2157376.gif
  
[PR]
by kase551 | 2006-06-11 22:00 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/4013749
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 長崎市の責任? 「ナツメロ大行進」(寺山修司編) >>