『カサブランカ』が名画?

 米原万里さんの死去を悼みながら・・・

 彼女の『魔女の1ダース』(新潮文庫)を
 再読し、映画『カサブランカ』に対する
 彼女の問題意識に同感しながら、
「なんで日本の評論家たちは、あの映画を名画っちゅうんかなぁ・・・」と、
首をひねっております。

 「時の過ぎ行くままに」という主題曲もそれほどいいとは
思えませんが(甘ったるく、単調です)、一番の問題点は、
酒場のシーンですね。

 フランスの植民地だったモロッコのカサブランカが舞台です。
 第二次大戦の序盤、フランスはドイツに占領され、
傀儡政権(ビシー政権)が支配する状態でした。

 すなわち、当時のモロッコ(カサブランカ)においては、
ドイツが支配力を行使していたということです。

 そのカサブランカの酒場でドイツ兵たちが、我が物顔で
ドイツの歌を歌います。

 それに対抗して、フランス人たちが、フランス国歌
(ラ・マルセイェーズ)を高らかに歌い上げ、酒場の客たちも
それに同調するというのが、「酒場のシーン」です。

 10年くらい前に、ビデオでこの場面を見たとき、
「はぁぁ~っ」と、ため息をついてしまいました。
 
 おいおい・・・・
 人の土地に乗り込んで植民地にしておいて、よう(よく)そんな
偉そうにできるなぁ・・・・・

 ここはフランスとちゃうんやけどなぁ・・・
 モロッコでっせ・・・・

 「植民地にされる=国を失う」ということへの想像力が
皆無な人の多い日本では、この映画を「名画」ともてはやす人が
多いのですが、米原さんの著作によると、カザフスタン人たちは
違うようです。

 ソ連(ロシア)による圧迫を受け続けてきたカザフスタンの人々にとって、
フランス人たちの能天気な傲慢さは、許しがたいことのようです。

 『魔女の1ダース』から引用します。

 
 不評の原因は、ナチス・ドイツからのヨーロッパの解放をしきりに叫ぶ
主人公たちが、フランスの植民地であるモロッコに平気で支配者面している
おめでたさにあった。
 同じアジアのカザフ人は、この欧米人の無神経さに即座に気付いたのに、
日本人は、戦後この映画が上映されるや名画として有り難く奉った。「脱亜入欧」、
上昇志向の強い日本人の思考回路は、完全に名誉白人しているらしい」
(118-119頁)

 昨年、これを読んだとき、「その通りや! ほんまやで!!」と
付箋を貼り付け、米原さんへの好感が増しました。


 改めて、ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by kase551 | 2006-05-31 23:00 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/3973920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Morris. at 2006-06-03 23:56 x
米原万里さんは、Morris.にとって未知の方でした。
遅まきながらこれから読んでみようと思っています。

映画「カサブランカ」は、Morris.は結構好きな映画です。主演女優に入れ込んでる(^^;)というのも原因の一つですが、娯楽映画としてそれなりに良く出来た映画だと思うのです。

摩洛哥の白き館の白人の面白過ぎる愛憎模様 歌集『銀幕』より
http://www.orcaland.gr.jp/~morris/sambo/kashu/ginmaku.htm

酒場の客がマルセーエーズを歌って、ドイツ支配への鬱憤晴らしする場面が、植民地主義万歳主義の能天気さを露呈しているというご意見ですが、たしかにそれは、当っているでしょう。
でも、こういったエンターテインメント映画は、そういうこと抜きで楽しんでもいいのではないかと思うのです。
かせたにさんは著書の中で「コレサニャン」に隠されている当時の社会状況の暗喩を、韓国人に教えてもらって、改めてこの映画の意味を再確認されたりしてますが、そういった難しいことを抜きにしても、充分この作品は楽しめると思います。

「アズタイムズゴーズバイ」も、好きな曲です。特にビリー・ホリデイのコモドア版に収録されてるテイクは絶品です。
Commented by kase551 at 2006-06-04 22:59
 Morris.さん、コメントありがとうございます。
 う~ん・・・、私のように考える奴もいると、見逃していただけませんか?^^;

 「コレサニャン」に関しては、「暗喩」などなくとも充分楽しめる傑作だと、私も思います。
 その点につきましては、Morris.さんのご指摘を待つまでもなく、^^;
拙著で、「何も考えずに見ても充分に面白い」(24頁)などの表現を使って、言及しております。
 しかし私にとっては、その「暗喩」があるために、何も考えずに見ても充分に面白いあの作品の面白さが、一層増すのです。
 私にはそれが、非常に楽しく、面白いのです。

  「『難しいこと』を考えて見ろ!」と、他人に強制しているわけではないことを、ご理解下さい。

 そして、「カサブランカ」については、やはりわたしは、あの映画を、娯楽映画として楽しめないんですね。^^;
 たとえば、太平洋戦争当時、日本が占領したインドネシアの酒場で「海行かば」を我が物顔で歌う日本兵に対抗して、オランダ国歌を高らかに歌うオランダ人の姿といっしょやんか?と思ってしまいます。

 今度お会いしたとき、ゆっくりお話したいですね。


<< フレディもしくは三教街 米原万里さん死す >>