鯖刺し

 福岡の魅力のひとつは、魚が美味しいことですね。

 近所のスーパーにテナントで入っている魚屋で
買った鯖をおろして、刺身にしてみました。
 半身は塩をして、明日の弁当に・・・
 
 昔読んだ『美味しんぼ』では、「美食倶楽部」主宰の
海原雄山が、「鯖をしめずに食ったら食あたりをおこすわ!」
と吼えており、それに反論する主人公(山岡士郎)が、
「まぼろしの鯖」の刺身を用意するという一話がありました。

 九州では、「鯖刺し、当たり前やん?」という感じですね。
 私の腕でも、このような刺身ができます。

 
c0040369_022920.gif


  
[PR]
by kase551 | 2006-03-28 23:58 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/3718342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 福岡の暗部 「国民国家」という幻想 >>