16歳のメダリストには拍手を送りますが・・・

 トリノ・パラリンピックのバイアスロン女子競技で、
小林深雪選手が長野大会に続く、2度目の金メダルを
獲得しました。
 
 そして、太田渉子選手が銅メダル。
 まだ16歳なんですね。
 しかもパラリンピック初出場・・・・。
 
 偉業達成の小林選手と、おそるべき16歳・太田選手に、
心からの拍手を送ります。


 しかし、気になるのは、このパラリンピックに
合わせたかのように、来月から実施される
「障害者自立支援法」です。

 全盲・全聾の大学教員・福島智さんの実話を
もとにしたドラマが最近放映されたのも、なにか時期的に
「イヤな」感じがしました。

 「障害者はみんなこんな感じだから、最低限の
支援でいいよね」というメッセージが、パラリンピック報道と
あのドラマの根底にあるようで、なにかすっきりしない気分です。
障害者自立支援法

 この法律は、障害者にとって日常生活に不可欠な介助を
「応益」とみなして、介護保険と同様に一割の
費用負担を求めるという、とんでもない悪法です。
 「障害者自殺支援法」というブラックジョークを
言う人もいるくらいです。

 こういう法案が通ってしまうのが、今の国会なんですね。
 
 それを変えるためには、自民党・公明党(「似非野党」民主党にも)
に投票しないことが、まず必要なのですが・・・・ 
[PR]
by kase551 | 2006-03-12 22:43 | スポーツ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/3647624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 自殺防止 at 2006-03-15 00:48
タイトル : 自殺防止
自殺について一緒に考えてみませんか... more
Tracked from うちなーたいむ at 2006-03-17 23:33
タイトル : トリノパラリンピック
オリンピックでは日本チームはメダル1個しか取れなかったけど、パラリンピックではメダルが6個で大活躍ですね。すばらしい!!... more


<< 憲法違反? ジュ・パンス >>