同化と排除の圧力

 この日本社会には、同化と排除の圧力がうずまいています。

 「多数派に合わせろ!」という、同化の圧力と、
 「合わせられないなら、出ていけ!」という、排除の圧力。 

 くら~い気分で夕刊を広げたところ、
 旧ソ連時代にスターリン批判をしたために
強制収容所に送られた作家・ソルジェニツィン氏の
近況を知りました。

 暖房が故障した零下25度の自宅で執筆を続け、
自作のテレビドラマ化に伴い、脚本を執筆し、
そのギャラが高すぎると値下げを要求し・・・・

 反骨の権化のような人ですねぇ・・・・
 御歳87歳。

 彼から見れば、私はおそらく、
「自分の半分ぐらいしか生きていない、日本の甘ちゃんガキ」
でしょうね。
 ソルジェニツィン氏には、はるかに及びませんが、
不当な圧力には異を唱え続ける気概は持ち続けたいものです。 
 

 来月もしくは再来月、本を出します。
 この社会の「排除と同化の圧力」を少しでも弱める力に
なることができれば幸いです。
[PR]
by kase551 | 2006-02-18 23:34 | 社会 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/3547542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 生き様交流マガジン よ~.. at 2006-02-24 10:17
タイトル : 心からの旅 第1回
心からの旅           ブルーメンシュテンゲル澤田幸子  最近、自衛隊がイラクへ派遣され、第二次世界大戦後戦争を忘れて暮らしていた日本人に、「戦争は止むことなく地球上で続いてきた」という事実が、再認識されたようです。  私は20年前から国際交流事... more
Commented by pukkochu at 2006-02-21 11:35
出たら紹介してくださいね。^^<本
Commented by kase551 at 2006-02-22 22:24
 著者サイン本^^; を贈呈いたします。
Commented by よ~そろ at 2006-02-24 10:19 x
はじめまして。よ~そろと言うものです。
零下25度の環境の中で執筆・・・
しかもギャラが高すぎると値下げを要求・・・
ソルジェニツィン氏は恐るべき人ですね。
Commented by kase551 at 2006-02-24 21:49
よ~そろさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
よろしければ、これからも、ときどきのぞいてやってください。


<< 「ガセネタ」「ミキティ」 テキーラ >>