愛唱歌

 掃除や料理、洗濯などをしながら、
いつの間にか口ずさんでいる歌があります。

 こういう歌が、「愛唱歌」なんでしょうね。

 私の定番は、
「逃避行」(麻生よう子)
「甘い生活」(野口五郎)
「人形の家」(弘田三枝子)
「あこがれ」(大貫妙子)
「五分遅れで見かけた人に」(EPO)
「ジョニーへの伝言」(ペドロ&カプリシャス)
「教訓Ⅰ」(加川良)
「うそ」「うすなさけ」(中条きよし)
「春雨」(村下孝蔵)

 などです。

 故村下孝蔵さんの声が聞きたくなり、
アルバム『歌人』を取り出して聞いております。

 たしか、「春雨」がヒットしたのが
1980年代はじめ・・・
 もう25年あまりの歳月が流れたのですね。
 
 この歌を初めて耳にしたとき、声の快さ、歌のうまさとともに、
メロディの美しさに魅かれました。
 半音の使い方が絶妙です。
 このメロディをアレンジなしで、指一本でピアノ鍵盤を叩いた
だけで演奏したとしても、聞きほれる人は多いでしょう。
 
c0040369_2291838.gif

46歳での死去は、あまりにも早すぎますねぇ・・・
[PR]
by kase551 | 2006-01-22 02:32 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/3412442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぷっこちゅの気まま部屋 at 2006-01-26 19:40
タイトル : 歌と思い出
かせたにさんの愛唱歌を読んで、「踊り子」くらいしか思い出せなかったんだけれど懐かしくなって購入 林檎と檸檬~村下孝蔵ベストセレクション 今日は車で片道1時間のところまで出かけたのだが、出かけるときにポストをみたらもう届いていて、さっそく車の中で聴きながら走った。ベストだから若いときの細く高い声とのちの低い声が混ざって急に変わったりして驚くが、どちらもよく伸びてすてきな声だなぁ… 歌を聴くとそれを聴いていた頃の思い出がどっと記憶の隅からよみがえるから不思議だ。最初に聴いたのは看護学生の19くら...... more
Commented by pukkochu at 2006-01-24 11:27
村下孝蔵さんのことはほとんど知らないのですが、社会に出てカラオケ全盛だったころに「踊り子」という歌を聴いて驚いたことを覚えています。
確か村下さんの歌だったのではないでしょうか?
アルバム、買って聴いてみようかなぁ…
Commented by kase551 at 2006-01-24 19:01
 おっしゃるとおり、「踊り子」は村下さんの歌です。♪つま先で 立ったまま 君を愛してきた♪ですね。この曲も、半音の魅力がいっぱいです。♪愛してきた♪の節まわしにも魅かれます。アルバム『歌人』には、「踊り子」も「春雨」も収録されており、おすすめですよ(と、宣伝したりして・・・・^^;)


<< 「ヒルズから落ちたホリエモンは... あくまで憶測ですが・・・ >>