NHK

 2002年4月から、日本での定住生活を再開して
はや3年8ヶ月・・・・

 NHK「受信料」は払っておりません。

 勝手に電波を送っておいて、「受信料」
を徴収するというのは、ちょっとおかしいですね。

 たとえば、「雑誌エヌエイチケイ」という月刊誌を
作成した公共団体が、その雑誌を全世帯に配布して、
「さあ、購読料を払ってください」というのと同じですよね・・・

 NHKの番組には、「1000円払っても1時間見たい」
と思う番組と、「こんなアホなお遊び・浪費・グルメごっこに
受信料を使ってるの?」と思う番組があります。

 しかし、すでに私にとってNHKは、
「なかなかいい番組もたまにはあるけど、決して『公共放送』ではない」
一放送局に過ぎません。
 
 すなわち、なくても困らぬ放送局です。

 企業スポンサーを持たないならば、番組ごとの課金制が
望ましいのではないでしょうか?
 
[PR]
by kase551 | 2005-12-10 23:23 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/3206853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 勉強になるブログ 真珠湾 >>