同窓会

 高校の同窓会。

 2011年3月 http://kaseyan.exblog.jp/16087770 以来、6年ぶりやね。
 
 6年前に、所用のために中座せざるを得なかった恩師を「囲む会」という名目で、
クラスメート46名中23名が集う。

 前回参加できなかった人たちとは、実に36年ぶりの再会。
 「わぁ~、変わったなぁ」という感想と、
「あぁ、変わってへんなぁ」という思いが交差する。
 
 高校時代には、あまり話をしなかったクラスメートたちとも、
いろいろと語り合えるのが、また面白い。
    
 半世紀以上生きてきて、人間について、ある程度理解できるようになった
今だから、クラスメートたちに言える言葉もある。

 「今考えたら、〇〇は、あのころから穏やかで情緒が安定していて『大人』やったなぁ」
 「あのとき、◇◇の行動を見て、『あ、こいつ、エェやっちゃなぁ』と思ったんよ」
 

 そして、恩師から、「半年くらいブログ更新してないから、病気でもしてるんかなぁと思ってたんよ」
と声をかけられ、「!」

 このブログを、今も読んでくれてはるんか!!
 なんとありがたいことやろ・・・・


  恩師は、「あの」家永三郎氏の最後のゼミ生。
 日本史を教わったこと、担任してくださったことは、ホンマラッキーやったね。

 「『歴』として生きながら、『史』とならなかった人たちのことを考えられる
 人間になってほしい」という恩師のことばは、常に私の中にある。

  そして、昔、次のような言葉をかけていただいたことも、印象深い。

 「かせたには、カミソリみたいにシャープには切れへんけど、鉈(なた)みたいに
 ずしっと切れるようになるんとちゃうかなぁ」

  私ははたして、「ずしっと切れる」人間になっているのか?
  そうなりたいとは、思い続けている。

  そして、クラスメートたちが、それぞれの場所で、
 「歴」として生きていることを、同窓会での再会で感じた。 

  次の再会を楽しみに、オレも「歴」として生きて、
 鉈のように「ずしっと切れる」人間でありたい。 


[PR]
by kase551 | 2017-03-26 20:37 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/26535860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 強さ 見上げるのは空と星だけでいい >>