ハリケーン惨事

 もしも、ハリケーンの被災地が、黒人貧困層が多い
ニューオーリンズでなかったら、もっと迅速かつ
行き届いた救援活動が行われていたのではないでしょうか?

 アファーマティブ・アクション(マイノリティに対する積極的
差別是正措置)に批判的なブッシュ政権ですから、なおさら
その疑いが強まります。

 「世界最強の超大国」・「最先進国」であるはずの国で、
見殺しにされる多くの人たち・・・・

 「世界第二位の経済大国」に住むわたしたちにとっても、
他人事ではありません。
[PR]
by kase551 | 2005-09-05 00:01 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/2638800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ニューオーリンズと沖縄 外交 >>