日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書

 米国大使館のHPに記載されている
「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書」
 を読めば、小泉首相が「改革の本丸」と叫び続けている「郵政民営化」なるものの
正体が、明らかになると思います。
 http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-j20041020-50.html#mineika-s

 「日本郵政公社に付与されている民間競合社と比べた優遇面の全面的な撤廃は必要不可欠である。これらの優遇面は、米国系企業および日本企業の双方にとって同様に、長年の懸念となっている」ですか・・・・

 すべての基準を米国企業に合わせる。
 これが「グローバルスタンダード」なんですね。

 しかし、なぜ米国の露骨な内政干渉には全く文句を言わず、
中国や韓国からの声だけに、多くの人は神経をとがらせるのでしょう?
 そして、朝鮮民主主義人民共和国をあざ笑い、嫌悪し・・・・・
 

  朝鮮民主主義人民共和国の教科書が「反日反米」であると
 大騒ぎをしているTV番組を偶然見てしまいました。
  出演者たち(特に、菊川某)の醜い顔つきに、唖然・・・・

  あの国が、独裁者が支配する国であり、まともな国でないことは、
 おそらく日本の 大半の人はわかっていると思うのですが、
 いまさらのように顔をしかめて・・・・・
  アホちゃうか?

  それよりもまず、国交を正常化して、
 「国交がある国どうしなのに、なぜ貴方達は、連れ去られた
日本人のことをごまかすのか?」と追求することが先では
ないでしょうか?
  そして、これまで全く省みられなかった、日本の植民地支配による
 被害者への謝罪・補償も・・・・


  「いち早く経済制裁を!」
  「拉致問題解決が、国交回復の前提条件だ!」
  被害者当人や、その家族ならまだしも、
それ以外の人間がこのようなことをほざいていると、   
ため息がでますね。
  まともな国でないことがわかっているなら、
 まず国交回復こそが先決であることを、
なぜわからないのでしょうか?

 そして、世界でもっとも悪質な「ならず者国家」
1945年から現在までの60年間、原爆・枯葉剤・
 劣化ウラン弾などの大量破壊兵器を使い続け、
 非戦闘員の大量虐殺を続けてきた国は、どこなので
 しょうか? 

  被害当事者とその家族でもないのに、「拉致拉致」
「経済制裁」と わめく前に、もっとたちの悪い国のことを
忘れないで いただきたいですね。
  
[PR]
by kase551 | 2005-08-31 23:12 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/2612440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 外交 オール与党で「ニート」の行方は? >>