誰を責めるのか?

 広島への原爆投下関連のTV番組を
一部見ました。

 自分が助かるために、肉親を見殺しに
してしまったことを、今でも悔いている人の
話に、怒りがこみ上げました。

 あなたは何も悪くない。

 悪いのは、あの原爆を落とした米国です。

 番組の終盤で、原爆開発・投下にかかわった
科学者が、被爆者と対面する場面がありました。

 「謝罪はしない。真珠湾を記憶せよ!」
と言う、その科学者が、小さく醜く見えました。

 真珠湾攻撃は、奇襲であったにせよ、
一般市民に対する無差別虐殺ではありませんでした。

 そして、その犠牲者子孫への遺伝子破壊という
許しがたい犯罪までは、しておりません。

 原爆を二発も落としたことに対する反省も
謝罪もない米国に対して、ひたすら追従の
奴隷国家・・・・・・・

 そして、米国のイラク侵略に、NOと言えない
奴隷・・・・
[PR]
by kase551 | 2005-08-05 23:48 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/2440168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 被害と加害 小説教室 >>