ヘイトスピーカーの立候補

 昨日、八尾市と枚方市の市議会議員選挙で、
鶴橋や難波などで何度もヘイト街宣を繰り返している
人間がそれぞれ、落選した。

 しかし八尾では494人、枚方では1226人が、
この差別人間たちに賛同している。
 
 この数字は、恐ろしい。
 そして後者は、「法定得票」に達している。
 
 問題は実に深刻やね。


 「草の根差別意識」の拡散を抑えるべく、
自分がやるべきことは、ホンマ多い。
[PR]
by kase551 | 2015-04-27 22:03 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/24002597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「新聞紙上のデモ」 発信すること >>