尾崎亜美さん・・・

 尾崎亜美さんの姿をテレビで見ました。

 相変わらず若々しく、歌唱力も健在ですね。

 作詞作曲編曲歌唱、すべてにおいて抜群の
実力を持ち、ルックスもチャーミング・・・・

 天は二物どころか、三物四物を与え賜う・・・・

 しかし、新曲と称して歌った曲は、どうかと思いました。

 『戦う翼』というその曲のサビの部分での、
 「空の庭を 駆ける 天使たち
 戦うため 翼つけて 生まれてきたんだ」  
  という歌詞が、どうもひっかかります。

  まるで軍歌です・・・  


  今日、福岡から自衛隊がまたイラクに
派遣されたということを考えると、
「戦う」という歌詞には、なんともいえぬ
嫌悪を感じます。

  なんか、尾崎さんらしからぬ歌詞ですね。

  翼は戦うためのものではないと思うのですが・・・・・
  それは、自由に空を駆け巡るためのもの・・・・・

  そういえば、昨年NHKで放映された大河ドラマ「新撰組!」の
 主題歌もひどかったですね。

  「この身は露と消えても 
   忘れはせぬ 熱き思い
   誠の旗に集いし 遠い日を・・・・」
  
   三谷幸喜さんらしからぬ・・・・
   これも、まったくの軍歌ですがな・・・・・・

   これからも、このような音楽やドラマ、映画などを使った
  動きは目立ってくるでしょうね。
  
   「らしからぬ人」を使いながら・・・・   
 
[PR]
by kase551 | 2005-07-30 23:21 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/2397328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アホアナウンサーの弊害 同感しますが・・・ >>