差別

 昨日(19日)に、難波でわれわれから「差別やめなさい!」「ヘイトやめなさい!」と叱責された「在特会」会長が、大阪市長と面談。
 
 市長が、「在特会」会長を「差別主義者」と表現したことは適切な表現だが、市長が朝鮮学校への補助金を停止したことも、悪質きわまりない差別である。
 
 そして、市長の従軍慰安婦関連発言も、
決して忘れてはならない。

 そう、悪質きわまりない「在特会」と橋下大阪市長は、根本的な考え方を共有しているんやね。
[PR]
by kase551 | 2014-10-20 22:29 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/22871563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 若者たち 難波での「カウンター」 >>