突っ込み

 鶴橋における土日の「カウンター」で、
ヘイトスピーカーに突進しようとするような、
日本人の知人たちの姿を目にした。

 彼らが普段の生活においても、
私と同様に差別発言に
「突っ込んで」いるだろうと、
期待している。
[PR]
by kase551 | 2014-05-20 21:30 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/22284672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ダダ漏れ、メルトスルーなのに、... 「仲良く」とは言えないが・・・ >>