元号不要

 故手塚治虫氏に関する特集番組を、
NHKが再放送している。

 ホンマ、「昭和〇〇年」というのが、
実感ないんよねぇ。

 「昭和55年」と言われても全くピンとこない。
 25を足して、「1980年かぁ。俺は高校3年やったなぁ」と、
ようやく思い出がよみがえる。

  元号不要。
[PR]
by kase551 | 2014-02-09 00:15 | 社会 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/21726375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しーぱん at 2014-03-27 23:15 x
お久しぶりです。
私自身については元号もOK!なのですが(といっても生年月日ぐらいで、あの時こんなことがあったんぁ~あれって何年やったかな?と思い出すときは西暦が先に出てきます)、日本以外の国で生まれ育った外国人生徒たちに誕生日を元号で書かせることに、いつも違和感と気持ち悪さを感じています。
勤務する高校は外国人生徒の特別枠の入試があるのですが、「小学校4年生以降に日本の学校に入った」ことを条件にしているのに、生徒証の生年月日は元号です。この子ら絶対平成生まれじゃないやん!!と思うのですが、その気持ちを理解できる人が少なすぎるんです。
かせたに先生のこのブログ記事を拝見して、コメントしたくなりました。
Commented by kase551 at 2014-03-30 17:42
 ごぶさたしています。
 ホンマ、「国際化」していないというかなんというか・・・
 そして、1989年1月7日生まれと同年1月8日生まれを、
「昭和生まれ」と「平成生まれ」と区分することに、何の意味が
あるのか、まったく理解に苦しみます。

 元号、ホンマに要りません。


<< 『罪と罰』 ちっ うっせぇな >>