大瀧詠一さんの曲と声

 大瀧詠一さんの曲と歌声は、
軽やかだが軽薄でなく、
サウンドは厚みがあるが、
重苦しくなく、
見識は深いが「ひけらかし」ではなく、
ユーモア感覚に満ち・・・ 

 どこか浮世離れした、
「ポップス仙人」のようでした。

 ほんま、長生きしてほしかった・・・
[PR]
by kase551 | 2014-01-04 20:39 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/21595834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「灯りの点いた家」 大阪朝高ラグビー部の偉業 >>