「ひのえうま」

 1966年は、「丙午(ひのえうま)」。

 なんの根拠もない迷信に惑わされた人たちが、
多くの胎児を葬ったために、
1966年の出生数は、
顕著に低下している。

 次の「丙午」は、2026年。

 学生たちに、
「2026年の出生数に注目してね」と、
語っている。


 2026年に、出生数が増加したらえぇのになぁ。
[PR]
by kase551 | 2013-11-16 20:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaseyan.exblog.jp/tb/21116948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 感覚 三世代の再会 >>